為替の売買では、
スプレッドが生じてきます。

実はこのスプレッドがFX会社の利益になるのです。

ですからFXには手数料という名目の
支払いは要らないのが普通です。

でもこのスプレッドってFX会社で
違っているって知っていましたか?

FX会社にも色々のタイプがありますが、
取引額の大きい会社はスプレッドを
安くしても回っていくとかで、

お客様へのサービスをかねて
安くしているところも多いとか言われています。

実際にFXをやっていくと
スプレッドってバカにはなりません。

デイトレード派なら特にそうでしょうね。

だからFX会社選びでは選択肢のウエイトとして大きいのは、
如何にスプレッドが安いかです。

ネットでのランキングで見ていくと
本当に違っているのが各社のスプレッドなのです。

バイナリーオプションとは、
設定されている条件を満たすのか、
満たさないのか?というのを予想していくオプション取引となります。

バイナリーオプションとは言わずに
デジタルオプションとも呼ばれます。

為替の通貨ペアや、日経225そして先物取引など、
非常に多くの金融商品にこのバイナリーオプションが
取り入れられており、

現在の値段が受付からスタートまでの一定時間の間に、
上がるか下がるかを予想する新しい投資方法となっています。

このバイナリーオプションは上がるか下がるかだけで済みますので、
これからFXをやる人にとっても取り組みやすい取引になります。

業者によって仕組みが異なることもありますが、
基本的には2択での取引となりますので
勝率は50%以上は固いということになります。

しっかりと予想してバイナリーオプションで利益を得ていきましょう。

FXでもこのバイナリーオプションが使えますので
有効活用していけるといいですね。

人気のあるFX業者を

| トラックバック(0)

初心者でも安心できるFX業者があると良いですね。

ニュースが調べなくてもすぐ分かるようになっているとか、
スワップポイントが他の業者よりもものすごく優遇されているとか、
税制面で自動的に税金の支払いまでしてくれるFX業者など
あると非常に便利だと思います。

なかなかそういうようなFX業者は無いですが、、、
将来的には出てくるのかも知れません。

スワップポイントが他社の2倍なんてところがあれば、
真っ先に口座開設してしまいますよね。

今はスプレッドの狭さやキャッシュバックを
してくれるところとかが選ばれるようになっています。
そういうFX業者も選んでも良いです。

人気があって沢山のトレーダーが良く利用している
FX業者ですとつぶれる可能性も非常に少ないですし、
情報量も豊富ということになります。

こういった人気のある業者は広告料も
ふんだんに使っていますのでホームページとかで
よく見かけることになります。

よく見かけるようなFX業者を選んであげれば
まずは間違いが無いということになるでしょう。

FXをしていて取引で負ける分には良いですが、
FX業者が人気が無い余りつぶれてしまって
取引金額が全部持ってかれてしまったということになってしまうと、
納得がいかないですからね。

FX業者を選ぶ時は人気の高いFX業者を選んであげましょう。

人気の高いFX業者を選んであげて、
安心できる取引環境を作ってFXでしっかりと儲けていきましょう。

口座開設は複数でもOK

| トラックバック(0)

FXでの取引業者は1社だけではありません。
まずはどこか適当なところで1社だけ口座を開設しようと行動しがちですが、
多くのトレーダーは複数のFX業者で口座を開設しています。

その理由としては、為替差益を狙ったトレードをする口座というものと、
スワップ狙いをして中長期投資をしている口座など使い分けているからです。

FX業者によっては得意なサービスが違ってくるというのは当然のことですので、
それぞれのFX業者のサービス合わせて取引ができる様に口座を
複数開いておくというのも一つの手であります。

FX初心者の方に人気なのはスワップねらいの取引となりますが、
スワップねらいの取引となると
長期的なポジション保有が必要になってきます。

長期的にポジションを保有するためにはレバレッジを低く抑える必要がありますので、
できるだけ少ない通貨単
位から取引できるFX業者で少額の取引をしていきましょう。

長期的な運用をFXでするのであれば少なくともクロス円通貨で
20円以上の値動きに耐えられる
ような取引をするのが良いでしょう。
少額で取引できるFX業者は今では沢山あります。

スキャルピングで取引をして毎日ギャンブルのように
FXを楽しみたいのであれば、スプレッドが狭いFX業者を選ぶのが良いでしょう。
今では業者の顧客獲得の競り合いの中でスプレッドは可能な限り狭くなっています。

スプレッドに関してはどこの業者を選んでも一緒の結果になりそうですね。

FX業者を選ぶ時はひとつに絞り込む必要はなく、
自分の取引スタイルに合わせて複数の取引業者で
口座を開設しても構いません。

自分にあったサービスを提供してくれているFX取引業者であれば、
ガンガンと口座開設をしていきましょう。

前月の失態

| トラックバック(0)

8月に入って1週目が過ぎ、
スキャルよりもバイナリーに没頭した1週間でしたが、
7月が終わった時点ではどうだったのか、
しっかりデータをまとめておく必要
があります。

まず状況としては中盤までは順調でした、
50pips取るか取らないかが続くこともありましたが、
中盤以降一発で撃沈、AUDとUSDの攻め
が甘かった、
これがやはり尾を引いてのバイナリー傾倒なんですね。

引きずるトレードになってしまい、
自分のルールにもあまり触れませんでした。

マイナスに終わった7月、
バイナリーでしっかり取れましたが、
中盤以降がまた怖い状態です。

毎月勝ちと負けで来ているような感じでもありません、
年として後半1月目が失敗というのもやや難ありです。

すべらないfx会社って?

| トラックバック(0)

自分が取引するFX業者を選ぶとき、
よく目にする「すべらないFX会社」という言葉。

そもそも「すべらないFX」とは、
どういった意味があるのでしょう
か。

すべらないFX会社とは、
スリッページが発生しづらい、
「約定力の高いFX会社」のことをいいます。

そもそもFXにおける「すべる」とは
どういう状況なのかというと、
トレーダー側にとって不利な価格で、
約定されてしまったことをいいます。

このように「すべる」ことが
しょっちゅうおこるようなFX会社では、
すべるのが恐くなって取引を躊躇してしまい、
積極的に取引ができなくなってしまいます。

このため、積極的に自分にとって有利な取引ができるよう、
すべらないFX会社が注目を集めています。

ちなみにすべることを
「スリッページが発生する」
と表現することも多いです。

すべらないFX会社は、
スリッページ
が発生しづらい会社ということになります。

スリッページが発生しない=すべらないためには、
FX会社の約定力の強さが重要になります。

そしてこの約定力の強さを左右するのが、
サーバーやシステムの強さです。

約定力が低い会社は、
サーバーやシステムが安定
しておらず、
しょっちゅうサーバーダウンを起こしたりするため、
FXトレーダー側にとって不利な会社といえます。

一時期は
「スプレッドが低いのはいいけど約定力が低い」
会社がやたら多かったこともあります。

今すべらないFX会社といえばやはりココを置いて他にないでしょう!
201305manepa.jpg

こちらの過去記事でも紹介してましたね。
今一押しのマネーパートナーズ!

トラリピを使ってみる

| トラックバック(0)

マネースクエアジャパン(M2J)が提供しているのが
トラリピと呼ばれる取引手法であります。

この取引手法はM2J独自の取引手法となっていて
一般的に普及している取引手法の3つの組み合わせ
となっています。

3つのうちの一つがイフダン注文と呼ばれるもので
新規注文が確定したら決済注文を同時に入れるという取引手法。

2つ目がこのイフダン注文を
いくつもおいておく仕掛けと呼ばれる取引手法。

最後にこのイフダンとトラップを何度も繰り返して
注文してくれるリ
ピートと呼ばれる取引手法となっています。

この3つが組み合わさることで
トラリピは成り立っているのですが、
さらに素晴らしいのが一度注文を出しておけば

後は自動的に取引をしてくれるということです。


自動的に注文を出してくれるので
後は注文が成立するのを待っているだけで
利益が出続けるというのがトラリピの利点です。

もちろん利益ばかりでなく
損失も出ることはありますが十分に注意は必要です。
トラリピの便利さは一度体験してみると良いかもしれませんね。

FX会社を選ぶ際に最重要視しなければならないポイントは、
FX会社が投資家視点なのか自己会社の資金を儲けることを
重視している会社なのかということを見極めるということが重要です。

しかし好み極め事態がかなり不明瞭ではありますが。

多くのFX会社がHPで提供している情報は、
まさしくFXの初心者に向けた情報を提供しています。

多くのFX会社が、新規顧客=FXで取り引きを始めたばっかりの人を
ターゲットにしている広告を多く出しています。
FXとは何とか、スプレッドとは何?とか
当たり障りの無い情報であたかかも敷居が低いかの様な印象を
持たせるFX業者も多くいます。

重要なのは、当たり前の情報が提供されていることではなくて、
その会社を使ってトレードをする際のメリット・デメリットをまとめて
見れるということが重要になってきます。

冒頭に触れているように、スプレッド幅や取り引き手数料については
一番良く見なければいけないところで、メンテナンス費用がかかるとかで
意味のあるスプレッ
ド幅や取引手数料であれば問題ないのですが、
たいていの場合は自分の会社の利益のためとスプレッド幅をいじっている可能性が多いです。

投資する人に取ってはスプレッドが狭い方が利益があがりやすくなるというのは
至極当然のことなので、そういったサービスに重点を置いてくれているFX会社を
選んであげるようにしましょう。

大切な情報は表面的な部分には無くて、取引約款だとかに記載されていますので、
FX会社を選ぶ際には約款などを良く見て自分に不具合となるサービスが無いかどうかを
良く見ておきましょう。

そういった情報を全てクリアにして納得してから、
あなたのFX会社を選ぶようにしましょう。

以前に比べて最近のFX会社のキャンペーンって、ぐっと少なくなってきたような気がするんですが、
そんな中、毎月頑張っているのがヒロセ通商、キャンペーンといえばヒロセといわれるぐらい、
質・量とも他を圧倒しているんじゃないでしょうか!!

そんなヒロセ通商では最近カリスマトレーダーとのガチンコ損益バトルが盛り上がってますね。

hirose20121122.jpg毎回様々な企画で盛り上げてくれるヒロセ通商ですが、今度は損益勝負ですか、1位から15位までにはなんと賞金がでて1位は8万円だそうです。なんか中途半端な賞金ですが、、また勝負相手のだいまん氏とのりたんく氏に見事勝利するとヒロセお得意の豚万がもらえるそうです。

また現在の損益をリアルタイムで公表したり、実際の取引の様子もユーストリームやtwitterで配信したりとかなり力がはいってます。それにしてものりたんく氏のツイートがかなり面白いことになっています。

今のところの成績が、だいまん氏が+503pips、のりたんく氏-712pips。さらに1位の人の損益が1,179,051円だそうです。コレいけちゃうんじゃない!

FXプライム

| トラックバック(0)
伊藤忠商事のグループ会社として信頼性と情報の豊富さで、
人気のFXプライムでしたが、今年の9月20日をもって、
GMOクリック証券の子会社となりましたが、

そのFXプライムの決算発表が本日ありました。



見るも無残に赤字さらには無配当へ転落となっております。
このところの規制やスプレッド縮小競争でFX各社共にかなり苦戦をしており、
合併、吸収さらには廃業するところも現れてきておりますのでかなり厳しい状況に追い込まれていたんですね。

しかし私もFXプライムの口座を使用している物として、
この情報サービスの豊富ささらには強固なシステムは大好きでしたので、
GMOクリック証券の子会社になっても変わらずでいてもらいたいものですが、
早くも少しづつ変化が。

まず本日10月26日からスプレッドがさらに縮小され、しかも原則固定化となりました。
こんな感じですね。



これは嬉しいことですが、これに伴い直トレFXが廃止となり、
さらには情報サービスでは、今までは口座に10万円以上の入金者だけ閲覧できたのですが、
11月5日からは口座を持ってる人でしたら誰でも閲覧できるようになるそうです。
情報の質の低下がすげー気になるんですけど!!頑張れプライム!